平成19年分の所得税から適用される主な改正内容

平成19年分の所得税から適用される主な改正事項

定率減税について

平成11年以降、景気対策のために継続されてきた定率減税が廃止されています。

所得税の税率について

所得税の税率が次のように改正されています。

 改正前
 課税される所得金額  税率
 330万円以下  10%
 900万円以下  20%
 1,800万円以下  30%
 1,800万円超  37%

 改正後
 課税される所得金額  税率
 195万円以下   5%
 330万円以下  10%
 695万円以下  20%
 900万円以下  23%
 1,800万円以下  33%
 1,800万円超  40%

地震保険料控除の創設

損害保険料控除が改組され、損害保険契約等に係る地震等損害部分の保険料等を支払った場合には、その保険料等の金額の合計額(最高5万円)をその年分の総所得金額等から控除する地震保険料控除が創設されています。

なお、今までの長期損害保険料控除に該当するもので、平成18年12月31日までに契約を締結したものについては、従来と同様の計算による金額(最高1万5千円)を控除することができます。

詳しくは、最寄りの税務署へお尋ねください。