学校給食費

8月から学校給食費の金額が変更になります

小学校・中学校給食費の保護者負担軽減 【一部補助】  

「学校給食費」補助の目的

学校給食を受ける児童又は生徒の学校給食に要する費用は、学校給食法第11条第2項の規定により、学校教育法第16条に規定する保護者の負担となりますが、子育て世代の経済的負担を軽減し、人口現象を抑制、少子高齢化対策となる、子ども子育て支援対策として、安心して子どもを産み育てやすい環境づくりのた補助することを目的としています。

 給食内容の改善

これまでも、多い月で4回新メニューに取り組む等工夫を凝らした給食提供を行っていますが、旬の食材使用、彩に配慮したメニューや1品増加、平均栄養所要量の充実など、さらなる給食の改善に努めます。

1食当たり単価

平成29年8月から、下記のとおり保護者負担額が軽減されます。

 

    現在             変更          保護者負担額

  小学生 241円 → 270円(120円+改善分29円=149円補助) ⇒ 121円

  中学生 281円 → 310円(140円+改善分29円=169円補助) ⇒ 141円

 

 

取り組みの概要

(1)変更時期:平成29年8月から
(2)必要書類:小・中学校の児童・生徒保護者からの「補助金交付申請書兼委任状」を提出。(3)補助金の交付:各学校長に委任していただくことで、各学校の給食会計口座へ振り込みます。(4)給食費の納付:1)各学校で保護者から減額された給食費を集金。

          2)各学校は、保護者から集金した給食費と補助金をあわせて給食会計へ納付(5)その他:給食費を「口座振替」されている方は、金額が変更になりますのでご注意願います。 

保護者説明会資料

保護者説明会資料.pdf(298KBytes)

補助金交付申請書兼委任状.pdf(90.5KBytes)