橋梁の点検・診断結果について

 中頓別町では平成25年の道路法改正等を受け、「平成26年7月より道路管理者は全ての橋梁等について、5年に1度、近接目視による点検が義務化」され、点検結果を健全性とし4段階に分類し診断することになりました。

区分 状態
健全 道路橋の機能に支障が生じていない状態。
予防保全段階 道路橋の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態。
早期措置段階 道路橋の機能に支障が生じる可能性があり、早期に措置を講ずべき状態。
緊急措置段階 道路橋の機能に支障が生じている、又は生じる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態。

 

中頓別町では、73橋ある橋を点検するために5年で1周りするよう点検計画を立案し、近接目視点検を実施しております。

平成30年度点検結果

平成29年度点検結果

平成28年度点検結果