森林の伐採届

伐採及び伐採後の造林の届出制度

森林は、環境の保全、水源のかん養、災害の防止、木材等の林産物の供給などの働きを通して、私たちの日常生活に関わりを持つ重要な役割を果たしています。

北海道の全ての市町村では、森林の持つ働きを持続させるため、森林法に基づき市町村森林整備計画において伐採や造林の方法などを定め、地域の実情に応じた適切な適切な森林づくりを推進しています。

「伐採及び伐採後の造林の届出制度」は、森林の伐採がこの計画に従って適切に行われているか確認するために、事前に届出書を提出していただくものです。

※自己所有の森林であっても、北海道の定める地域森林計画に含まれる森林を伐採しようとする場合には、事前の伐採届の提出が必要です。(森林法第10条の8)
ただし、森林経営計画により、事前に町の承認を受けいている場合には事後申請で構いません。(森林法第15条)

伐採届の種類

森林経営計画以外の森林伐採(事前申請を要する)

森林法第10条の8

森林経営計画による森林伐採(事後申請で構わない)

森林法第15条

伐採届の提出(森林法第10条の8)

1.伐採届

・伐採届様式

伐採及び伐採後の造林の届出

伐採及び伐採後の造林届出書.xls(24.5KBytes)

※届出の内容
森林の所在場所、伐採面積、伐採期間、伐採の方法、伐採齢、伐採後の造林樹種、伐採後の造林の方法などです。

・位置を示す図面  図面がない場合は、町にご相談ください。

2.対象となる森林

北海道が策定する地域森林計画対象森林で、保安林又は保安施設地区内の森林を除く民有林(殆どの森林が該当しています。)
※保安林または保安施設地区に係る伐採は別に許可が必要です。

3.提出の期限

伐採する日の30日から90日前までに伐採届の提出を要します。

4.提出先及びお問い合わせ先

中頓別町役場産業建設課産業グループ TEL 01634-6-1111

5.提出を要しない伐採

除伐など事前に届出を必要としない場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

6.届出をする人

●森林所有者[自ら伐採(請負含む)・造林(天然更新を含む)する場合]
●立木を買い受けた方[伐採を行おうとする者(伐採業者等)と伐採後の造林を行う者(森林所有者)との連名)

注意事項

  1. 無届による伐採の場合は、森林法による罰則が適用され、伐採中止命令や伐採後の造林命令を行う場合があります。また、命令に従わない場合は罰金(100万円以下)が課せられることもありますのでご注意ください。
  2. 保安林地域内の伐採については、別途許可が必要となりますので、宗谷総合振興局林務課にお問い合わせください。
  3. 伐採後の山林を違う目的で使用する場合には林地外転用となります。1.0ha以下の場合にはこの伐採届で町に提出してください。
    1.0haを超える場合には北海道知事の林地開発許可となりますので、宗谷総合振興局林務課にお問い合わせください。
  4. 森林伐採の際には、土砂等の流出防止など環境に配慮するとともに、過大な土地の形状変更など地山を傷めないようにご注意ください。
  5. 火災や風水害等の非常災害時に緊急で伐採した場合は「緊急伐採届出書」の提出が必要となり、伐採後30日以内に提出してください。
    詳細につきましてはお問い合わせください。